スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪夢のエレベーター

  • 2009/07/25(土) 11:41:01

悪夢のエレベーター (幻冬舎文庫)悪夢のエレベーター (幻冬舎文庫)
(2007/10)
木下 半太

商品詳細を見る


「悪夢のエレベーター」 著 木下 半太

後頭部の強烈な痛みで目を覚ますと、緊急停止したエレベーターに、ヤクザ、オカマ、自殺願望の女と閉じ込められていた。浮気相手の部屋から出てきたばかりなのに大ピンチ!?しかも、三人には犯罪歴があることまで発覚。精神的に追い詰められた密室で、ついに事件が起こる。意外な黒幕は誰だ?笑いと恐怖に満ちた傑作コメディサスペンス。


書店で見かけたのでジャケ買い。
うーん、イマイチ。
ところどころ、笑えるところは笑えます。
コメディサスペンスと書いてありますが、コメディ8割、サスペンス2割くらいの割合。個人的にはもうちょっとサスペンス要素を期待していたので残念。(コメディサスペンスにそれを求めるのはおかしいか・・。
最後のオチはまぁ好きだった。
この作品は小説で見るより映像で見た方がいいかも・・とか思っていたら映画でやるみたいですね。


内容はともかく全体的に読みやすかったです。小説読むの苦手って人でもこれはスラスラ読めるかも。
シリーズもので、他にもいろいろ『悪夢の?』シリーズがあるみたいです。
また機会があったら読んでもいいかな。読みやすいから立ち読みで済まそうかな・・。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2009/07/30(木) 03:15:43
  • [編集]

コメントありがとうございます。

  • 投稿者: うはぁ
  • 2009/08/03(月) 03:14:50
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。