スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

推定少女

  • 2009/07/17(金) 07:10:22

推定少女 (角川文庫)推定少女 (角川文庫)
(2008/10/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


「推定少女」 著 桜庭 一樹

とある事情から逃亡者となった“ぼく”こと巣篭カナは、逃げ込んだダストシュートの中で全裸の美少女・白雪を発見する。黒く大きな銃を持ち、記憶喪失を自称する白雪と、疑いつつも彼女に惹かれるカナ。2人は街を抜け出し、東京・秋葉原を目指すが…直木賞作家のブレイク前夜に書かれた、清冽でファニーな成長小説。幻の未公開エンディング2本を同時収録。
桜庭 一樹
2000年デビュー。04年『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』が、ジャンルを超えて高い評価を受け、07年『赤朽葉家の伝説』で日本推理作家協会賞を受賞。同書は直木賞にもノミネートされた。08年『私の男』で第138回直木賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



P.62
「巣籠カナは、傷つくのがうまい」
「へっ?」
「だけど戦うのはヘタ。とてもヘタ。自己主張するのも、反論するのも、怒ってみせるのもヘタ。ただ傷つくのだけ、すごくうまい」

・・・・・・・・グサッっとくるね。胸に突き刺さる・・。

話の流れがフリーダム

エンディングが三種類ありますが、個人的に一番好きなのは『放浪』ですね。
まぁでもこの物語は三つのエンディングすべて合わせて真のエンディングだと思います。著者もそう言ってますし。

砂糖菓子の弾丸といい、推定少女といい やっぱり桜庭さんは思春期の少女を描くのがうまいなぁと実感
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2009/07/18(土) 15:54:45
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2009/07/20(月) 04:45:46
  • [編集]

コメントありがとうございます。

  • 投稿者: うはぁ
  • 2009/07/21(火) 20:19:03
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。