スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロミオの災難

  • 2009/07/15(水) 05:17:27

ロミオの災難 (電撃文庫)ロミオの災難 (電撃文庫)
(2008/01/10)
来楽 零

商品詳細を見る


「ロミオの災難」 著 来楽 零


 そこにいるだけで空気が華やぐような綺麗な少女、雛田香奈実。彼女にうっかり一目惚れした僕が演劇部に入部してしまってから数カ月、文化祭公演のための台本を選ぶ時期がやってきた。現役の演劇部部員は僕と雛田を含め、一年生五人きり。
 僕たち五人にはそれぞれ想い人がいたりいなかったりしたのだけれど、部室で見つけた、ぼろぼろの『ロミオとジュリエット』の台本を使うことに決めたときから、五人の心に奇妙な変化が起こり始め―。これは、「すき」と言えない高校生の揺れる思いを描く、ちょっと怖い物語。


ミステリ恋愛小説
コメディ要素も大いに含んでいます。
BL要素もちょっぴり?w

ある日部室で見つかった『ロミオとジュリエット』の台本。
その台本を使って劇をすることに決まってからおかしなことになっていって・・。
果たして今の自分の恋心は本当に『自分』のもの?それとも過去の部員たちの呪い?による『他人』のもの?
これは本物の恋を探す物語。


ずいぶん前に購入した作品なんですが、読まずに積んでいて・・やっと読みました。
すごく・・当たりでした。なんでもっとはやく読まなかったんだろ と後悔。

恋ってなんなんだろう? そう考えされられる作品です。(あー臭いねごめん
主人公たちは大変な状況に陥ってるんでしょうけど、なんていうか‥傍から見てて笑えますw
若干、主人公の立ち位置が羨ましいと思ったり思わなかったり・・。
初めから最後まで、青春してるなーって作品でした。


ちなみに自分はっ・・村上さんが好きだぁぁぁ。だが、断じてMではない(キリッ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。