スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“文学少女”と穢名の天使

  • 2009/08/11(火) 22:42:23

“文学少女”と穢名の天使 (ファミ通文庫)“文学少女”と穢名の天使 (ファミ通文庫)
(2007/04/28)
野村 美月

商品詳細を見る


“文学少女”と穢名の天使 著 野村 美月

文芸部部長、天野遠子。物語を食べちゃうくらい愛している
この“文学少女”が、何と突然の休部宣言!?その理由に呆れ返りつつも一抹の寂しさを覚える心葉。
一方では、音楽教師の毬谷の手伝いで、ななせと一緒に放課後を過ごすことになったりと、
平和な日々が過ぎていくが……。クリスマス間近の街からひとりの少女が姿を消した。
必死で行方を追うななせと心葉の前に、やがて心葉自身の鏡写しのような、ひとりの"天使"が姿を現す――。
大好評シリーズ第4弾!


くうぅ、まだ出ないのかやつはっ!w焦らすなよー・・。

ななせさん可愛いすぐるww(おい いやでもほんと、


だがやはりラスト一文でどきりときた。次巻こそは・・・・でるだろう。やつが・・。

のっち追記修正

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。