スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“文学少女”と穢名の天使

  • 2009/08/11(火) 22:42:23

“文学少女”と穢名の天使 (ファミ通文庫)“文学少女”と穢名の天使 (ファミ通文庫)
(2007/04/28)
野村 美月

商品詳細を見る


“文学少女”と穢名の天使 著 野村 美月

文芸部部長、天野遠子。物語を食べちゃうくらい愛している
この“文学少女”が、何と突然の休部宣言!?その理由に呆れ返りつつも一抹の寂しさを覚える心葉。
一方では、音楽教師の毬谷の手伝いで、ななせと一緒に放課後を過ごすことになったりと、
平和な日々が過ぎていくが……。クリスマス間近の街からひとりの少女が姿を消した。
必死で行方を追うななせと心葉の前に、やがて心葉自身の鏡写しのような、ひとりの"天使"が姿を現す――。
大好評シリーズ第4弾!


くうぅ、まだ出ないのかやつはっ!w焦らすなよー・・。

ななせさん可愛いすぐるww(おい いやでもほんと、


だがやはりラスト一文でどきりときた。次巻こそは・・・・でるだろう。やつが・・。

のっち追記修正

スポンサーサイト

“文学少女”と繋がれた愚者

  • 2009/08/10(月) 04:35:42

“文学少女”と繋がれた愚者

“文学少女”と繋がれた愚者 (ファミ通文庫)“文学少女”と繋がれた愚者 (ファミ通文庫)
(2006/12/25)
野村 美月

商品詳細を見る
著 野村 美月


「ああっ、この本ページが足りないわ!」ある日遠子が図書館から借りてきた本は、切り裂かれ、ページが欠けていた―。物語を食べちゃうくらい深く愛する“文学少女”が、これに黙っているわけもない。暴走する遠子に巻き込まれた挙句、何故か文化祭で劇までやるハメになる心葉と級友の芥川だったが…。垣間見たクラスメイトの心の闇。追いつめられ募る狂気。過去に縛られ立ちすくむ魂を、“文学少女”は解き放てるのか―?大好評シリーズ第3弾。

題材  武者小路実篤の「友情」

ようやくこの物語の本筋が動いてきた感じですね。
今回スポットを当てられるのは芥川君なんですが、堅実で真面目な彼にも暗い過去があったんですね。
明らかに心葉に何かを隠してる芥川君。そんな芥川君に深く関わっちゃだめだと思ってはいても・・。
他人と深いかかわりを持つことを避けていた心葉が、芥川君と友情を結ぶシーンとか必見です。

ななせさんがようやく立ってきた(くる)・・かな・・?今までの扱いが不遇過ぎましたもんね。ここからななせさんのターンが始まると予想。一巻見た時は なにこいつ・・ だったのに なんかどんどん・・なにこの可愛い子・・。これが・・ツンデレかっ・・!

美羽ネタ引っ張りすぎじゃないか?とか思ってたら・・・・。
ラストの一文で鳥肌ですよ。え?まじで?な展開。びっくりです、はい。

作中にも出てきましたが芥川龍之介の蜜柑いいですよね、蜜柑。まぁ、自分は半月効果で読んだだけなんて死んでも言えなry

まとめ買いしてて良かったwはやく次読もう。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない4

  • 2009/08/09(日) 07:25:14

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈4〉 (電撃文庫)俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈4〉 (電撃文庫)
(2009/08/10)
伏見 つかさ

商品詳細を見る


「俺の妹がこんなに可愛いわけがない 4」 著 伏見つかさ

「人生相談、次で最後だから―」妹・桐乃から突然の最後通告をされたものの、あの野郎、肝心の相談内容については何も言ってきやしねえ。一方俺は、あやせの相談にのってやってコスプレ大会に同伴したり、久しぶりに麻奈実を家に呼んだらとんでもねーことになったり、沙織が開いた「ケータイ小説発売記念パーティ」に呼ばれて行ったら、何故か桐乃や黒猫やらがメイドのカッコして出迎えてきたりと騒々しい日々を送っていた。そのうち段々と俺も、あれは聞き間違いだったのかもなぁなんて思い始めていたんだが…。

俺妹シリーズ第四段。
今巻はさすがに今までとはちと流れが違う。
今までは、なんやかんやで妹ピンチ→兄貴が最後で熱論かまし妹助ける→なんとか解決 みたいな流れでマンネリ化してちょっとつまらんなー って感じだったんだけど、今回は短編集じみた感じでよかったね。少なくとも今巻もいつもの流れじゃなくてホッとした。

さて内容だが、今回は言いたいことが一つある。
桐乃・・・・・・・・・・デレすぎだろ・・・・。最後が最後だけにしょうがないなとは思うが。
自分は今まで、1?3巻まで読んでて 何度も途中で読むのやめようかな・・、ってなってきた。それほどまでに自分的には桐乃ツンっぷりにイライラしたからだ。でもたぶん自分が求めていたのはそれだったんだ。その強烈なツンからのラストのちょっとしたデレ。9.9ツンで0.1デレ。それがよかったのにこれは・・。話が続くにつれて兄とも仲良くなり?ツンが減るのは仕方ないことなのか・・。うん、しかたないね。ってか自分マゾ乙。(いや、ツンデレは嫌いな部類ですほんと


ちょちネタばれ込な話(ネタばれなんて毎回やっちゃってるが)↓↓


はがきについて
これなんてエロゲ?
√選択とかwびっくりだよ・・
正直この√選択は間違いなく桐乃に○を付けるべき。個人的には黒猫の方が好きなんだがそれでも桐乃。いや好きだからこそか。黒猫は脇だからこそ輝いてるんだと思うんだ、チョイ役だからこそ。それに√が桐乃から逸れるのであればそれはもう『俺妹』じゃないんじゃないか?桐乃主体だからこその俺妹。そうじゃない話を書くなら別作品として出すべき。
兄弟の絆美しいようん。リアじゃぜったいないな。


新展開突入の予感。次巻の動き方で内容とかだいぶ変わってくるぞ、さぁどう転ぶかな。

ソードアート・オンライン2 アインクラッド

  • 2009/08/08(土) 02:10:58

ソードアート・オンライン〈2〉アインクラッド (電撃文庫)ソードアート・オンライン〈2〉アインクラッド (電撃文庫)
(2009/08/10)
川原 礫

商品詳細を見る



「ソードアート・オンライン2 アインクラッド」 著 川原 礫

クリアするまで脱出不可能のデスバトルMMO『ソードアート・オンライン』に接続した主人公・キリト。最上階層を目指す“攻略組”の彼以外にも、様々な職業や考え方を持つプレイヤーがそこには存在していた。彼女たちはログアウト不可能という苛烈な状況下でも、生き生きと暮らし、喜び笑い、そして時には泣いて、ただ“ゲーム”を楽しんでいた。“ビーストテイマー”のシリカ、“鍛冶屋”の女店主・リズベット、謎の幼女・ユイ、そして黒い剣士が忘れることの出来ない少女・サチ―。ソロプレイヤー・キリトが彼女たちと交わした、四つのエピソードを、今紐解く。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
待ちに待ったソードアート第二巻。
文学少女もよかったけど最近の作品ではこのシリーズが一番好きですね。

今回は短編集みたいな感じで四つのサイドストーリが描かれています。
「黒の剣士」「心の温度」「朝露の少女」「赤鼻のトナカイ」の四つですが、自分は「心の温度」がいちばん良かったです。四つとも?泣ける話でよかったですよ。
ていうか主人公いろいろとモテすぎだろw 今更だけどなんだこのパーフェクト超人は。

次巻どうなるんだろー?とか思ってたらあとがきのあとにちゃんと書いてあったよ告知w

『川原礫&abecが放つ、個人サイト閲覧数650万PVを誇る伝説の小説第3段!! 舞台はついに現実世界へ!! 「ソードアート・オンライン3 フェアリィ・ダンス」は晩冬頃発売予定!!』
だってさー。

・・・・・・ああああああああ、待ち遠しいぃぃい。はっ早く・・読ませ・・て・・・・。

ソードアート関係ない話↓

てか文庫本一気に12冊買って7000円近くも飛んで行ってしまった。今月ただでさえやばいのに・・。これは吊れるレベル。

アクセル・ワールド2 紅の暴風姫

  • 2009/07/30(木) 03:07:01

アクセル・ワールド〈2〉紅の暴風姫 (電撃文庫)アクセル・ワールド〈2〉紅の暴風姫 (電撃文庫)
(2009/06/10)
川原 礫

商品詳細を見る


「アクセル・ワールド 2 紅の暴風姫」

黒雪姫との出会いにより、一回り成長したハルユキ。そんな彼のもとに、「お兄ちゃん」と呼ぶ見ず知らずの小学生・トモコが現れる。二人のいちゃいちゃする様子を見た黒雪姫の冷徹な視線がハルユキを貫く中、「加速世界」では、謎の事件が勃発していた。乗っ取られると精神を汚染され、敵味方関係なくデュエルアバターを襲い続けるという呪いの強化外装「災禍の鎧」。殺戮を繰り返す狂気のアバターを捕らえることができるのは、唯一の「飛行アビリティ」をもつデュエルアバター、「シルバー・クロウ」のみ。「鎧」討伐ミッションを課されたハルユキの運命とは!?第15回電撃小説大賞「大賞」受賞作、待望の続編登場。



前作より断然面白かった・・・・っと思っているのはたぶん自分だけ。 はい異端児です、さーせん。
面白く感じた要因としてはたぶん、
一巻→周りの評価の高さによる過度な期待→面白いことは面白かったがもうひとつ→低評価
二巻→前作あれだったしあんまり期待はしないでおこう・・→うほっ、おもしろ→高評価
だと思います。うん、あるよね。過度な期待って怖い・・。


相変わらずモッテモテな主人公様でありますがなんというか・・うーん。感情移入しにくいなぁ。
え?自分だけですか?そうですか・・。なら別にいいんですけど・・。なんだかなぁ。
まぁライトノベルなんだしそこら辺は割り切ろう、うん。

あれ?悪い風にしか書いてないな。いや、おもしろかったですよほんと。 こんど修正加えとこう

で、結局黒雪姫の本名って何なんだろうね。作中・・出てきてないよね?見落してないよね?
誰か教えてくださry
三巻は今冬発売予定。あまり期待せずに期待


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。